ある歯医者の頭の中

歯医者として、経営・資産運用する者として、食を愛するものとして、学んだことや考えていることをアウトプットします。

親知らずって抜いた方がいいの?

親知らずのイメージって、そんなに良いものじゃないと思います。

痛くなる、抜くときも痛い、パンパンに腫れあがる、などなど。

抜くのは怖いから、とほったらかしにしていたらだんだん痛くなってきたという方も少なくないと思います。

しかし、絶対に抜かなきゃいけないというわけではありません。抜かなくてもいい場合もあります。

 

親知らずを抜く必要がない場合

・真っ直ぐに生えていて、他の歯と同様に機能している。

・歯の頭すら見えていないが、骨の中には存在する。

・そもそも存在しない。

・傾いて生えているが、しっかりケアができる。

 

真っ直ぐに生えていてちゃんと並んでいる歯であれば、歯が一本多いだけという状態なので、わざわざ抜いてしまうことはありません。ただし、日本人は顎の骨が小さい割に歯が大きいので、歯が並ぶスペースが確保できずガタガタになってしまったり、親知らずが傾いてしまったりといったことが起きやすいです。

 

存在しない場合は当然抜くことはできませんが、X線写真を撮ると「ないと思ってたのに骨の中に隠れてた」という場合があります。

基本的には悪さをしない親知らずをあえて抜く必要はないと思います。

しかし、年齢によってはこれから生えてくる可能性はあります。例えば、20代前半ならば、親知らずの向きによっては、これから生えてくる可能性も考えられます。

そしてもう一つ、矯正を考えている場合。親知らずが歯の動きを邪魔してしまってうまくいかない場合があります。また、せっかく矯正をしたのに、できたスペースを親知らずが埋めようとしてしまったり、前の歯を押してしまうことがあります。

これらの場合は抜く必要がでてくるかもしれません。

 

最後に傾いて生えている場合。傾き具合やどの程度頭が見えているかにもよりますが、ケアしていくのはかなり難しいです。他の歯でも虫歯になったりするのに、傾いて生えているのなら・・・想像はつきますよね。

頭が少ししか見えてないのに痛い、という場合は歯の周りの磨き残しから菌が繁殖し、歯茎に炎症が拡がっていることが予測されます。

頭が大きく見えている場合。これも歯茎の炎症の可能性もありますが、頭の部分が黒くなっていたり欠けていたら虫歯の可能性もあります。

いずれにせよ、応急的に治療をしたところでケアが行き届いていなければ同じように痛くなってくるので、抜く方が無難でしょう。

お口の中がかなり清潔に保たれていて親知らずの炎症だけが・・・という方は、ケアの方法を学び、維持していっても良い例ですが難易度はかなり高いです。

 

結論としては、抜かなくても良い親知らずもあるが、抜いた方が良い親知らずも多い、ということです。

親知らずで悩まれている方の参考になれば幸いです。