ある歯医者の頭の中

歯医者として、経営・資産運用する者として、食を愛するものとして、学んだことや考えていることをアウトプットします。

歯の神経をとらなきゃいけない

歯医者さんで、神経をとるとらないといったやりとりを聞いたことがあるでしょうか?

神経とるってどういうこと?

痛そう・・・

抜歯とは違うの?

と、いろんな考えが頭をよぎるでしょう。

 

まず、歯が痛いという経験をしたことがある人だと歯に神経があることは理解できると思います。

そのほかにも、歯をぶつけたことがある人、かき氷なんかを食べてキーンとくる人なんかはイメージが湧くのではないでしょうか。

歯にも神経があり、それは脳からでて、骨の中を通り、歯に達しています。

 

次に、抜歯と神経をとるのでは違うのか、です。

歯ごと抜いてしまうのが抜歯です。抜いた後は何も残らないので、義歯(入れ歯)やブリッジ(かけ歯)やインプラントなどで補ってやる必要があります。

神経をとることを、我々は抜髄といいます。厳密には、その神経が感染していた場合には感染根管処置といい区別されますが、詳しい話はまた別の機会に回します。

神経を取る場合は歯の形は残ります。術者によって歯の形を小さくしたり変えたりすることはありますが、歯自体は残ります。

そこから根っこの治療が終わったら、歯の中に存在する神経がなくなり空洞の状態になっているので、詰め物をしていきます。

この詰め物は歯に詰める詰め物とはまた別の種類のものです。

詰め物が終わったら、歯の頭の部分の空洞を埋めるために土台をたてます。

これは、以前は金属で作っていたのですが、現在ではレジンとよばれる樹脂状の素材で行われることが多いです。

歯の頭の部分がほとんどない状態だったりすると、金属が使われることもあります。

その後に形を整えて被せ物が出来上がってきます。

歯の形が再現され、素材や技法によってはほとんど区別がつかなくなります。

つまり、抜歯と神経をとるのでは歯が残るかどうかの違いがあり、後々の治療内容が変わってくるということです。

 

そして、痛いかどうかについて。

これは、神経が生きているか死んでいるかによって変わります。

そもそも何故神経をとらなければいけない状態なのか。

被せ物やかけ歯、歯の向きを変えるためなど、その処置を行うにあたって必要な場合に便宜的に行われるもの。

むし歯が進行して神経に達している、もしくは神経に達しそうになっている歯を治療した際に神経が耐えきれなかった。

健全な歯ではあるが、噛み合わせが強い、歯軋りなどの歯へ負担がかかる癖を持っているなどの理由で神経が過敏になっている。

この場合はズキズキ痛むうえに、少し触れただけでも痛い、冷たいものやあったかいものでも痛みを感じるといった状況です。

さて、この中でかなりの痛みを伴うものがあります。

健全な歯だが神経が過敏になっているパターンです。

他の二つはしっかり麻酔さえしていれば全く痛みを訴えない患者様も多いです。

しかし、神経が過敏になっている歯に関してはかなりの激痛の模様・・・。

私自身が神経をとってもらったことはないのでその痛みの程度は分かりませんが、声が漏れたり手を握り締めている光景をよく目にします。

麻酔がうまく効いてくれないため痛みを感じるのですが、量を増やせばいいというものではないので、よく効く場所を狙って麻酔を打ちます。

その場所の一つが歯の神経です。

歯の神経に直接打ち込むので、その痛みは想像するだけで恐ろしいものです。

ただ、直接打ち込むと流石にしっかりと効いてくれて、なんとか治療を終えることができます。

 

いかがでしょうか。

少しでも歯の治療について分かっていただけたなら幸いです。

アンガーマネージメント

前回に引き続き、新年度っぽいことを書いていきます。

 

職場にせよ、日常にせよ、イラつくことってあると思います。

結論から言うと、イライラすることにはデメリットしかないです。

そのエネルギーをバネにしてより一層研鑽するというパターンも極稀にありますが、自分もそうだとは考えない方が良いでしょう。

しかし、人間誰しもイラっとすることはあります。

その頻度こそ違えど、全くイラっとしない人などいません。

ならば、どのようにその感情と付き合っていくかを考えるのが得策でしょう。

 

まず第一に、意識することから入っていきます。

「あ、今自分怒ってるなー」と気づけたならば幾分冷静になります。

そして、何に対してイライラしているのか、どういう時にイライラしているのかを把握することです。

それだけで、イライラに対して身構えることができます。

 

次にマインドセットをしていきます。

他人と比べないこと。

こだわりすぎないこと。

思い通りにいくと思わないこと。

人それぞれの価値観があり、それを認めること。

ノルマに惑わされないこと。

自分なりの目標を持ち、自分で自分を褒めること。

いろんな本でいろんな内容が語られていますが、自分にできる範囲から始めていけばいいと思います。

 

そして最後に実践編です。

マインドセットはイライラしにくくするにはどうするか、という側面からのアプローチ。

実践編はイライラしたらどうするか、という側面からのアプローチです。

深呼吸をすること。

今やってることを一時中断する。

場合によっては、一度その場から離れてみる。

これらと掛け合わせて、6秒間まつ。人間の怒りは6秒間しかもたないと言われています。

プラスの感情を引き起こすことを思い出す、見る。これはイライラしている時に見つけられものではないので、事前に準備しておく必要があります。

 

そして、これは最終手段ですが、イライラする環境とおさらばする。

ストレスを溜め込んでまでその環境に身を置くメリットはありますか?

他の環境ではなく、そこでないとダメな理由がありますか?

我慢して得られる利益がストレスに勝るのであれば良いと思います。

そうでないのならば、環境を変えることを考えてみても良いのでは・・・?

 

アンガーマネージメントについて述べましたが、適度にテキトーなのがイライラしたりストレスを溜め込まない秘訣です。

言い換えれば、気にしないこと、ですね。

何か少しでも参考になったなら幸いです。

春、新年度。

久しぶりの更新となりました。

春はやはり忙しいうえに花粉症がきついため、時間がなかなか作れなかったです。

というのも言い訳みたいになっちゃいますね。

実際、平均睡眠時間は2〜3時間伸びています。

しかし、時間がないというのはNGワードです。

時間は作るもの。そして、やるべきことはルーティーン化して日常生活に組み込んでおくものです。

今一度、自分の私生活を見直したいと思います。

 

さて、私自身もそうなのですが、皆さんにとっても4月というのは節目の時期なのではないでしょうか。

以前からやろうと思っていたけど、実行できていないことはありませんか?

理想は、やろうと思ったその日から実行することです。

でも、なかなかできないですよね。明日から、とか、来週からとか。

そんなこと言ってるうちにずるずると実行しないまま今に至るとか。

なので、ここは新年度ということを理由に自分を奮い立たせてみましょう。

何かやろうと決めたのであれば、朝にすることをお勧めします。

なぜなら、疲れていないから。

ルーティーン化されるまでは、実行することに対して相応のエネルギーを使うはず。

夜、仕事に疲れて帰ってくるとやる気が起きない、なんてこともよくあるのではないでしょうか。

なので、朝、ちょっとの時間からでいいので始めてみることが重要です。

0よりは1の方がいいですし、少しずつ慣れてからその量を増やせばいいです。

このとき、普段やってることと結び付けてやるとルーティーン化しやすいです。

例えば、歯磨きして朝食を摂る前に5分読書をする、とか。

そういえば、朝トイレ掃除をすると金持ちになれるといった類のジンクスがありますね。

これも、ルーティーン化と朝型の行動パターンから来るものだと思います。

どちらも成功者には必須の行動様式と言えるでしょう。

そして、実行できたときにはしっかり自分を褒めてあげてください。

自分にやる気を出させるためには、まずは自分がしっかり認めてあげ、褒めてあげることです。

一時期流行ったアドラー心理学でも同じようなことが語られています。

他人と比較する必要はなく、自身ならではの目標を持ち、それを達成できたら自分を褒めてやる、と。

 

4月は自分に大きな変化がなくとも周囲の環境が大きく変わることもあり、社会全体が慌しくなるように思います。

だからこそ、ここで一歩踏み出せるかどうかが今後の人生を大きく変えることとなるでしょう。

この記事を読んでくださった方のモチベーションアップに繋がれば幸いです。

自己投資

自己投資、してますか?

バランスよく栄養を摂るためのサプリ、時間を節約する便利グッズ、知見を拡げるための勉強、などなど色んなものが思い浮かぶと思います。

何もしてないよー、という方はちょっとしたことでもいいのでまずは初めてみましょう。

してるよー、という方はどの程度していますか?

収入の多い人や仕事ができる人ほど自己投資を惜しまない傾向にある、というデータがあります。

裏を返せば、自己投資を惜しまないからこそ収入が増える、仕事ができるともいえます。

仕事ができる人には仕事が集まり、経験値が増え、よりスキルアップし、収入が増える。

こうやって伸びる人はどんどん伸びていくのでしょう。

なので、良い循環を作るためにも、自己投資している方は少しずつ増やしていく、していない方はまずは始めてみるのが重要です。

 

貯金をしようとしたけど全然たまらなかった、という経験はありませんか?

そして、ちょっとググってみたり、SNSで投稿をみたりしていると、先取り貯金をしよう、という記事をよく目にするのではないでしょうか。

人間不思議なもので、ルールを決めなければ際限なく使ってしまう人が多い一方、制約をつけるとそれを守ろうとし、更にはその制約の中で生きていくことが普通だと感じるようになっていきます。

なので、先取り貯金ならぬ先取り投資をしてみましょう。

投資で大きな利益を得ようとした場合、リスクを背負うか時間を掛けるかしかありません。

勿論、これには個人差があるため、リスクの大きさや時間、リターンは変動します。

しかも、自己投資の場合はリスクがありません。ものにならなかったとしても0であり、マイナスにはなりません。

投資した分が無駄になったと考える人もいるかもしれませんが、その失敗を経験・勉強だと考えると、むしろプラスです。

よって、自己投資へのハードルはかなり低いはずです。

さらにいうと、自己投資は複利式なので早く始めれば早く始めるほどリターンは大きくなります。

これだけメリットばかりでも、行動に移ろうと思い立つ人は少ないと思います。

以前、本を読むことについての記事でも述べましたが、自転車を漕ぐスタートの段階が一番きついのです。

人間は楽をしたいと思う生き物です。

ですが、ここは騙されたと思って、何か手近なところから少し始めてみましょう。

サプリなら毎日飲むだけですし、ジョギングならば費用もかかりません。

何か少しでも読んでくださった人の心を動かせたら幸いです。

親知らずの抜歯

親知らずを抜歯した方がいいのか、という話は以前にしました。

では、親知らずの抜歯は実際のところどんなものなのかについても少し紹介していきます。

 

親知らずは前から数えて8番目の歯です。

ない人もいますし、あるけれども骨の中もしくは歯茎の中に埋まっていて見えない人もいます。

そして、親知らずの抜歯は上か下かで大きく難易度が異なります。

 

まず、上の親知らずについて。

基本的には難しくはありません。次の日から痛くない人も多く、痛み止めを必要としない人もしばしば見かけます。

ただし、歯がほとんど見えていない場合は歯茎を切る必要があったり、口を大きく開くとほっぺたの粘膜が押し寄せてくるため器具が入りにくい・見えにくいといったことはあります。

また、抜歯全般に言えることですが、歯の根っこが局所的に大きくなっていたり曲がっていたりして物理的に取り出しにくいことがあります。

歯とくっついて骨が一緒に抜ける場合もありますが、気にしなくて構いません。バキッと嫌な音がする割には痛みがないはずです。

上の親知らずの場合は根っこが上顎洞という顎骨の空洞部分と接している場合があります。

その場合は小さな穴が開いた状態になり、呼吸が鼻に抜けるような感覚が生じます。

余程大きな穴でない限りは自然に塞がりますし、痛みが続くこともありません。

念のため抗生剤を処方する場合もあります。

抜歯をした先生の考え方にもよりますが、歯茎を切っていない場合は縫うこともあまりないかと思われます。

 

次に、下の親知らずについて。

親知らずの抜歯は腫れる、といった話を聞いたことがある方も多いと思います。

腫れる場合の殆どが下の親知らずです。

日本人は顎が小さい割に歯が大きいため、親知らずが真っ直ぐ生えてこないことも少なくありません。

横や斜めに生えた親知らずがあると、歯磨きでの磨き残しが出てきます。そこに細菌が溜まり、虫歯や炎症を起こします。

炎症が起きているところは麻酔が効きにくいため、痛いというイメージが生まれます。

また、親知らずが横に生えていると、歯の頭の部分を削り落としたり、歯茎を切ったり、骨を削ったりと、物理的に抜けるような環境を整える必要があります。これらも痛いというイメージに直結するでしょう。

そして、下顎の骨の中を神経が通っているのですが、親知らずとくっついているとどうしても一回では抜けない場合があります。

その場合は、親知らずの頭の部分だけ切り落とし、神経をとります。しばらく経って、根っこが動いて出てくるようであれば再び抜歯に挑みます。動きが見られない場合はそのまま骨の中に眠らせておいて問題ありません。

X線写真、場合によってはCTで神経と親知らずの位置関係を把握しておく方が良いでしょう。このように、下の方が体にかかる負担も大きく、痛みが出る可能性も必然的に増えてきます。

 

上の親知らずよりも下の親知らずの方が難しいことが多いですが、結局のところ人によりけりです。

歯の並び方や、どの程度口が開くか、麻酔が効きやすいか、など条件は多くあります。

困ったときは、担当の歯科医師にしっかりと説明を求めてみましょう。

本を読むということ

突然ですが、日本の社会人の平均勉強時間をご存知でしょうか?

答えは、6分です。

たかだか6分くらいなら自分にもできそう、と思いませんか?

これには、カラクリがあって、勉強時間0分の人が大半を占めることが原因です。

まず、行動をしていないということですね。

それでは、勉強している人の中での平均時間はというとどうでしょうか。

2時間を越すようです。

極端に分かれていますね。

 

物事を判断する際に、平均という言葉は非常に便利です。

とりあえずは平均を目指すか、という目標設定にもなり得ます。

しかし、そのデータの分布が極端に偏っている場合は、数値も偏ってでてしまいます。

こういった場合には中央値を用いると効果的であることもあります。

 

ということは、まずは本を読むという行動に移しただけでも多くの人から一歩リードしたことになります。

たとえ1日に1ページしか読まなくともそれは成長です。

そして、ここに大きな意味があります。

 

私も幼少期は本が大好きで月に何冊も読んでいました。しかし、成長するに伴い段々読書をする機会は減っていき、大学生の頃は6年間で0冊というていたらく。

研修医の時には専門書を読み漁りましたが、これがかなり苦痛でした。

久しぶりに本を読むと、全然集中できない、読むのが遅い、読んだ内容が頭に入ってこない、すぐに忘れる、と散々な状態。

専門書だからかな?と思い、趣味や自己啓発本を読んでみましたが、結果は変わらず。

完全に本に対して苦手意識が生まれていました。

そこで、無理はせずに1日に何ページずつと刻むように読むようにしました。

初めは1冊読むのに1ヶ月を越すことも当たり前でしたが、続けているうちにもう少し読めるな、とか、区切りまで読もう、と徐々に伸びていきました。

今では通勤の電車の中は基本的に読書をして過ごしており、月に数冊読める程度に回復しました。

 

大切なのは、まず始めること。無理をする必要はありません。徐々に量を増やしていきましょう。始めたことで大きな進歩は始まっています。

自転車を漕ぐのも、初めの何漕ぎかはかなり力がいるでしょう。ただ、スピードに乗ってしまえばさほど力を加える必要はなくなります。

そして、有名な法則ですが、1.01の努力を毎日積み重ねると一年後には37.8になります。逆に、0.99の努力は一年後には0.03になります。言わずもがな、0はどれだけ積み重ねても0から変化しません。

たった0.01なら増やしていける気がしませんか?

まず始める、そして徐々に増やす。これを心からお勧めします。

 

そして、それは運動でもなんでも良いのですが、私はその中でも読書を強くお勧めします。

というのも、最近心に残った言葉で、“知識を得るということは世界の解像度を上げること”というものがあります。

知らなければ、何も分からない。少し見えるようになればもっと鮮明に見たくなる。そうやってどんどん好奇心が掻き立てられ、世界は広がり行動は加速する。

読書をすることで知識が得られる。得た知識でコミュニケーションが捗ったり、向上心が生じたり、アイデアが思い浮かんだりする。そこから得られるものは計り知れないでしょう。

本を読むことの恩恵が、少しでも伝われば幸いです。

親知らずって抜いた方がいいの?

親知らずのイメージって、そんなに良いものじゃないと思います。

痛くなる、抜くときも痛い、パンパンに腫れあがる、などなど。

抜くのは怖いから、とほったらかしにしていたらだんだん痛くなってきたという方も少なくないと思います。

しかし、絶対に抜かなきゃいけないというわけではありません。抜かなくてもいい場合もあります。

 

親知らずを抜く必要がない場合

・真っ直ぐに生えていて、他の歯と同様に機能している。

・歯の頭すら見えていないが、骨の中には存在する。

・そもそも存在しない。

・傾いて生えているが、しっかりケアができる。

 

真っ直ぐに生えていてちゃんと並んでいる歯であれば、歯が一本多いだけという状態なので、わざわざ抜いてしまうことはありません。ただし、日本人は顎の骨が小さい割に歯が大きいので、歯が並ぶスペースが確保できずガタガタになってしまったり、親知らずが傾いてしまったりといったことが起きやすいです。

 

存在しない場合は当然抜くことはできませんが、X線写真を撮ると「ないと思ってたのに骨の中に隠れてた」という場合があります。

基本的には悪さをしない親知らずをあえて抜く必要はないと思います。

しかし、年齢によってはこれから生えてくる可能性はあります。例えば、20代前半ならば、親知らずの向きによっては、これから生えてくる可能性も考えられます。

そしてもう一つ、矯正を考えている場合。親知らずが歯の動きを邪魔してしまってうまくいかない場合があります。また、せっかく矯正をしたのに、できたスペースを親知らずが埋めようとしてしまったり、前の歯を押してしまうことがあります。

これらの場合は抜く必要がでてくるかもしれません。

 

最後に傾いて生えている場合。傾き具合やどの程度頭が見えているかにもよりますが、ケアしていくのはかなり難しいです。他の歯でも虫歯になったりするのに、傾いて生えているのなら・・・想像はつきますよね。

頭が少ししか見えてないのに痛い、という場合は歯の周りの磨き残しから菌が繁殖し、歯茎に炎症が拡がっていることが予測されます。

頭が大きく見えている場合。これも歯茎の炎症の可能性もありますが、頭の部分が黒くなっていたり欠けていたら虫歯の可能性もあります。

いずれにせよ、応急的に治療をしたところでケアが行き届いていなければ同じように痛くなってくるので、抜く方が無難でしょう。

お口の中がかなり清潔に保たれていて親知らずの炎症だけが・・・という方は、ケアの方法を学び、維持していっても良い例ですが難易度はかなり高いです。

 

結論としては、抜かなくても良い親知らずもあるが、抜いた方が良い親知らずも多い、ということです。

親知らずで悩まれている方の参考になれば幸いです。